ちば古民家再生日誌
築後100年程経った民家の再生工事の様子をお伝えしています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
基礎と床組み
2005年09月14日 (水) 13:12 | 編集
<基礎と床組み>
 基礎は現地でとれる砂岩系の石を平角に加工して並べ、それに柱を直接建てています。石の天端はGLから5センチ上がり。これで柱の根元がほとんど腐っていない。
 材は地元産の杉。これは強いものです。土台は廻っておらず太い松丸太の大引きがあるだけです。松の大引きは数箇所虫喰いでやられていました。
yukashita_01.jpg

 これで関東大震災も経験しながら100年耐えてきたのですから本当に感心させられます。

 床下換気口は格子状の杉板張り、表側は無双式で、冬場は閉じられるようになっていました。床下の状態がいいのは開放的で風通しがいいからでしょう。表側は格子を復旧、その他は単に開けて置くだけにしました。
yukashita_02.jpg
 近頃の新築住宅は鼠一匹入らないように閉鎖することを考えるとほとんど無防備です。予算がないので構造補強は基本的に行わず、柱根元に根がらみを施すのみとしました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: hoxai
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。