ちば古民家再生日誌
築後100年程経った民家の再生工事の様子をお伝えしています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
内部床工事
2016年08月09日 (火) 11:24 | 編集
今まで土だったところに土間を打って、内部の工事が始まりです。

和室
1606281IMG_0816.jpg

1607292IMG_0978.jpg

広縁
1607051IMG_0857.jpg

1607151IMG_0932.jpg
広縁の床材はヒノキ。床材も自分の山の木です。

1608091IMG_1111.jpg
断熱材の入っていなかった壁にもしっかり断熱を入れます。
構造材の再生
2016年06月17日 (金) 11:04 | 編集
土台の据え付けが終わり、ジャッキを外しているところです。
1606141IMG_0656.jpg

新しい柱を入れるところと‥
1606143IMG_0676.jpg

古い梁を撤去するところ。
1606144IMG_0703.jpg

1606145IMG_0675.jpg
撤去したのは、シロアリ被害でグズグズになっていた梁。(´Д`lll)!!

1606171IMG_0758.jpg
柱もシロアリ被害を受けていたものがあり、無事な部分を残し取替えました。

そのほかにも間取りを変更する部分は新しく柱・梁を入れ、構造材から再生しました。
基礎工事
2016年05月09日 (月) 10:38 | 編集
もともとは柱の下にどんと大きな玉石が据わっている伝統的な基礎ですが、
今回は既存の柱下に新たな基礎を立ち上げ、土台を据え付け、土間もコンクリートを打ちます。

1604192IMG_0306.jpg
基礎を打つ場所の高さを確定するために、水糸を張ります。

1604281IMG_0417.jpg
既存の柱をジャッキアップし、宙に浮かした状態で基礎を新しく打ちます。

1604241IMG_0408.jpg

1605101IMG_0506.jpg

1605102IMG_0509.jpg
竣工しました。
2016年04月19日 (火) 16:08 | 編集
市原の古民家、改修工事が完了しました!

改修後の様子です。

041901IMG_0344.jpg
【外観】

041902IMG_0329.jpg

041902IMG_0335.jpg
【リビング・ダイニング・キッチン】
元土間部分と台所部分をつなげ床板を張りました。
低かったもとの天井は撤去し、天井は梁の上へ張りました。
天井に隠れていた梁が力強く、ここにしかない姿です。

041903IMG_0333.jpg

041904IMG_0311.jpg
【元土間に面した和室8帖】
リビングから和室の床は同じ高さとし、一体感のある空間になりました。
和室は壁・天井をクリーニングし、タタミを新しく。部屋が蘇りました。
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: hoxai
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。